2002年、カナダはモントリオールで、日本人の母とレバノン人の父のもとに生まれたクーリみづき(he/she)は、郊外での静かな暮らしの中でずっと、東京で著名なアーティストになることを夢想して生きてきた。母と一緒にお絵かきをしていた幼少期の記憶を持つ独学のアーティストであるクーリは、自身の夢を追いかけて2021年10月に東京へと越した。Exit Number Five(5番出口)の名の下に、クーリは自身の日記を表現する芸術を生み、その芸術を通して失恋、ジェンダーやLGBTQの諸相、追憶、名声、そして執着について語る。

 

 

Exit Number Five は、東京の地下鉄明治神宮前駅がその由来になっている。この5番出口を抜けると、クーリがこの世で最も愛する街・原宿が活気よく出迎えてくれる。

202103 15.jpg
202103 11.jpg
202103 14.jpg
202103 6.jpg

特集記事、インタビュー

  • "The "i" Word Expo Unbolts Art Gallery Doors." By Abegail Ranaudo、The Link Newspaper、2020/11

  • "Hopping Onto Exit Number Five's Train of Lyrical Roughness." By Tamara Attia、The Musée Nomade ConnectArt、2020/11

  • "Mizuki Khoury - Exit Number Five." By Generation Montreal、2020/12


展示、作品

  • "Under the Heat of the Sun" バーチャル展示、by Sage MTL x Underdog、モントリオール、2020/09

  • "i" Word Expo by Underdog x Boiling Point、モントリオール、2020/09

  • Cafe Club Expresso ポップアップ by Collectif Commun’art、 モントリオール、2020/12

  • "MY CULTURE IS NOT FOR DISPLAY (But My art Is)" 展示Marché Floh by ConnectArt x Exit Number Five、モントリオール、2021/08

  • "MY CULTURE IS NOT FOR DISPLAY (But My art Is)" トートバッグ、Marché Floh、モントリオール、2021/08

  • "We're In This Together"トートバッグ、Marché Floh、モントリオール、2021/10